トップ > スタッフ日記 > 試合前の熱い戦い!

試合前の熱い戦い!

こんにちは!
ナゴヤドームでは、試合前のマウンドに上がって投球速度の測定体験ができる「スピードボールコンテスト」(スピコン)を開催しています。
そのスピコンですが、5月10日(水)はちょっと特別なイベントとして行われました。
それは......毎春恒例、地元名古屋のテレビ・ラジオ7局による意地とプライドをかけた、

放送局対抗 スピードボールコンテストです!!
(優勝者は始球式の権利をGET!)

というわけで、その模様をお送りします!

★前哨戦!?(17:30)
1705ans1_01.jpg
スピコン開催前、ナゴヤドームのとある部屋に、思い思いのユニホームに身を包んだアナウンサーたちが集まりました。
男性アナウンサーは......
1705ans1_02.jpg
揃って今年の昇竜ユニホームを着用!
特に示し合せがあったわけではないようです。

そこへベースボールメイツが入り、スピコンの説明が始まりました。
スピコンの運営も、ベースボールメイツの大切なお仕事のひとつ。
1705ans1_03.jpg
草野球でも活躍する、CBC若狭アナウンサーの「ボールを投げる前によくこねて手に馴染ませておくといいんですよ」とのアドバイス(?)を受け、
1705ans1_04.jpg 1705ans1_05.jpg
ボールを念入りに触るアナウンサーのみなさん。

ボールをこねながら(?)、今回の勝負にあたって特別ルールの検討がなされました。
・若狭アナウンサーは過去のスピコンで120km/h以上を出したことがある
・昨年は東海テレビ・上山アナウンサー(今年は不参戦)が59km/hで優勝!
これらを踏まえ男女間でフェアな戦いになるよう、【女性は計測値プラス70km/h】のハンデに。

そうこうしている内に時間がやってきました!
はやる気持ちを抑えて、一塁側ダグアウトへ移動です。

★ダグアウトへ移動!(17:40)
ベースボールナビゲーターとして試合を盛り上げる長谷川さんに、この日のスピコン出場者を伝えます。
1705ans1_07.jpg
ダグアウトでは、この日中継局だったNHKのカメラが、NHK酒井アナウンサーの応援に駆けつけていました。
1705ans1_08.jpg
(ホームユニホームを着ているのが酒井アナウンサー)
そしていよいよ、運命の瞬間がやってきます!!

★スピコン、スタート!(17:45)
ベースボールメイツに先導されて、アナウンサー7人がグラウンドへ駆けていきます。
と、ここで走っていくアナウンサーから「え~ずるい!!」の声が。
1705ans1_09.jpg
なんと東海テレビの高橋アナ、「ドラHOT+」の大きな看板を掲げてマウンドまで向かったようです。
遠くのお客様にもアピールできて、これは名案ですね!

1705ans1_10.jpg
まず最初にマウンドに上がったのは、先ほどから何度も名前が出てきている、ドラファンにはおなじみのCBC若狭アナウンサー
今回のスピコンでは120km/h出せなかったら草野球を引退するよう、落合英二さん(ドラゴンズOB、現マリーンズ投手コーチ)から言われているとのことで......。
様々なプレッシャーを背負っているわりには、不敵な笑顔。

左足を上げ、大きく振りかぶり、本格的なフォームから――
1705ans1_11.jpg

と、ここまでで日記がだいぶ長くなってしまいましたので、勝負の模様は次の記事にしたいと思います。
1位に輝き【始球式の権利】をGETするのは誰なのか!?
そして若狭アナウンサーは草野球をこれからも続けられるのか!?
後編をご期待ください!
(10日に観戦に来られたお客様はご存知でしょうが、もうしばらくお付き合いくださいませ)

ここまでお読みくださりありがとうございました!!