戻る メニュー

レストランシートとプライム・ボックスでは仁村薫さんがつくったお米が味わえます

今シーズンより3階レストランシートと4階プライム・ボックスでは、ドラゴンズOBの仁村薫さんが作ったお米「仁村薫のまごころ米」をご提供しています。

nimura.jpg仁村さんは何代も続く農家の跡取りながら、これまで農業には関わってこなかったそうです。
現役を引退し、巨人やドラゴンズ、楽天でコーチを務めたのち、地元に帰って農業を始めました。

土壌や気候の条件から、「埼玉や群馬ではおいしいお米がとれない」と言われていましたが、その言葉で逆に米作りへの想いに火が付いた仁村さん。
土壌改良など工夫を重ね、ついに等級検査で「一等米」に認められるお米になりました。

レストランシートとプライム・ボックスでご提供するお米はすべて、こちらの仁村さんのお米です。

レストランシートとプライム・ボックスは、いずれもチケットをお持ちの方専用のエリアです。
詳細はドラゴンズ公式ウェブサイトをご覧ください。